光コラボレーション(光コラボ)事業者の比較サイト。料金やおすすめポイントの評価、人気サービスの評判などを掲載。

複雑な契約プランとはお別れしよう。

これからの主流は、光コラボレーション!

転用で安い光コラボを比較

従来の「フレッツ光+プロバイダ契約」の形から、光コラボレーションに変更することを「転用」と呼ぶ。プロバイダはそのままでも良いし、他のプロバイダに移ってもOK。

プロバイダの中には、転用の場合の料金を安くしたり、転用向けのキャンペーンを行ったりしているところがある(おそらく、運営会社の戦略として行っているのだろう)。そういったところが狙い目だ。場合によってはプロバイダを変更した方が大幅に通信費の節約ができるかも知れないぞ。

So-net 光コラボレーション

So-net 光コラボレーションのスクリーンショット

転用して長期利用がお得。ソニーグループのサービス!

ソニーの子会社、ソネット株式会社による光コラボレーションモデルのインターネットサービス。こちらも他のプロバイダと並ぶ有名どころ。継続利用を条件とした割引のほか、転用の場合のみだが契約年数が長くなるごとに段階的に料金が安くなっていくキャンペーンがお得なので、長期的の利用には最適だ。auスマホ等と一緒に利用することで割引となる制度も特徴。

転用する方にとってお得な料金設定を提供しているプロバイダの1つがSo-netだ。継続利用を条件とした「So-net 長割」に加えて、転用する方限定の「月額基本料金割引キャンペーン」が行われており、長く利用すればするほど月額料金が安くなっていく。

月額料金は一戸建ての場合、1年目は5,100円から始まり、2年目〜5年目は100円ずつ安くなっていく。5年目以降は4,700円。集合住宅の場合は1年目は4,000円から始まり、2年目〜5年目は50円ずつ安くなる。5年目以降は3,800円だ。

料金体系が若干複雑なこと、それに継続利用の縛りが他社よりきつい(30ヶ月)のは注意点ではあるが、安さでは他社以上の魅力がある。

OCN光

OCN光のスクリーンショット

NTTグループによる、総合的に優れたサービス!

NTTコミュニケーションズが提供する光コラボレーションサービス。ポイントはやはりトップクラスの信頼性。安心してインターネットを利用するならココがベストな選択肢となるだろう。キャンペーンによる割引も充実しておりコストパフォーマンスも悪くない。多くの光プロバイダの中でも本命と言える

OCNも転用の方向けキャンペーンがGOOD。一戸建ての場合(ファミリータイプ)でも集合住宅の場合(マンションタイプ)でも、最大12ヶ月間月額料金を割引してくれる

これにより、一戸建ての場合は最大12ヶ月間4,650円(13ヶ月目以降 5,100円)、集合住宅の場合は最大12ヶ月間3,450円(13ヶ月目以降 3,600円)となる。割引期間は短めだが素晴らしい安さだ。

特に集合住宅の場合なら、標準の月額料金もトップクラスの安さなので、割引期間が終了した後でも十分お得感を味わうことができるだろう。

↑ページの先頭へ

「HIKACO」ホーム