光コラボレーション(光コラボ)事業者の比較サイト。料金やおすすめポイントの評価、人気サービスの評判などを掲載。

複雑な契約プランとはお別れしよう。

これからの主流は、光コラボレーション!

SoftBank光

SoftBank光のスクリーンショット

SoftBankからも光コラボレーションが登場!

SoftBankも光コラボレーションによるインターネットサービスを開始した。それがこの「SoftBank光」だ。iPhoneやAndroidスマートフォンなどと合わせて契約することで割引が受けられる「スマート値引き」がポイント。携帯キャリアとして多くのユーザーを抱えているSoftBankが、光サービスでも存在感を高められるか注目されている。

SoftBank光の月額料金

※スマートフォンとセットで割引あり

一戸建ての場合

5,200円

クリックで詳細を開きます

  • 2年定期契約なしの場合、+1,100円

集合住宅の場合

3,800円

クリックで詳細を開きます

  • 2年定期契約なしの場合、+1,100円

その他の料金

事務手数料

工事費

※工事内容により異なります。詳細は公式サイトで確認してください。

SoftBank光のおすすめポイント

SoftBank光の気をつけたいポイント

SoftBank光の特徴、他社との比較

iPhoneやスマートフォンとセットで割引「スマート値引き」!

iPhoneやAndroidスマートフォンなどの携帯電話回線をSoftBankで契約している方で、光コラボレーションを検討している方は多いと思う。

「スマート値引き」はそういった方のための割引制度で、SoftBank光を契約すると携帯電話回線の利用料金を毎月割引してくれる

その割引額は携帯電話回線の契約プランによって異なり、それぞれ以下の通り。

スマ放題 データ定額パック・大容量(10/15/20/30)
2年間:2,000円、3年目以降:1,008円
スマ放題 データ定額パック・標準
2年間:1,522円、3年目以降:1,008円
データ定額パック・小容量
500円
データ定額パック(シンプルスマホ)
500円
データ定額パック(3Gケータイ)
500円
スマ放題以外の料金プラン SoftBank指定のパケット定額サービス
最大500円
(iPad専用)ベーシックデータ定額プラン for 4G LTE
500円
(タブレット専用)ベーシックデータ定額プラン for 4G
500円

最大は「スマ放題 データ定額パック・大容量」の場合で、毎月2,000円の割引となる。ただ、ご覧いただくとわかる通り、3年目以降になると割引額が減少するものがあるので、そこは注意が必要だ。

携帯電話回線は1回線に限らず、なんと最大10回線まで適用することができる。ご家族みんなでSoftBankのスマートフォンをお使いであれば、家族全員分を「スマート値引き」することも可能だ。そうすればトータルの割引額は相当のものになるに違いない。

ただし「スマート値引き」はオプション加入が必須

「スマート値引き」にはもう1つ大きな注意点があり、それは以下の3つのオプションに加入が必要だということである。

  1. 光BBユニット(月額467円)
  2. Wi-Fiマルチパック(月額990円)/Wi-Fi地デジパック(月額990円)のいずれか
  3. ホワイト光電話(月額基本料金467円〜)/光電話(N)(月額基本料金500円〜)+BBフォン(月額基本料金0円)/ BBフォン(月額基本料金0円)のいずれか

これら3つを合わせると、最低でもオプションだけで月額1,500円ほどかかってしまうことになる。

光電話はオプションとしては悪くは無いが、これまでのメタル回線の電話のままが良いという方もいるだろう。

そしてWi-Fi機能においても、すでにWi-Fiルーターが自宅にある方もいるだろうし、そうで無くても自宅で使うならパソコンショップで新品のWi-Fiルーターを買った方が安く上がる。街中の「BBモバイルポイント」が利用できるメリットはあるものの、これが必要かどうかもまた人それぞれだろう。

「スマート値引き」を2〜3回線ぶん適用すれば割引額の方がオプション料金を上回るが、そうでない場合はかえって割高になってしまう。割引というメリットを受けるために、必要の無い有料オプションをつけてしまっては本末転倒である。あとで後悔することのないよう、よく考えて契約するようにしたい。

SoftBank光の評判・評価

携帯キャリアが提供する光コラボレーションとあって、同じく携帯キャリアであるNTTドコモの「ドコモ光」とともに注目を集めている。

「スマート値引き」は一見魅力的だが、オプション加入が条件というデメリットが大きく、実際にお得感を得るにはややハードルが高い。さらに、公式サイトの記載も小さい字で書かれているあたり、どうしても不親切さを感じてしまう。ネット上でもこのことはマイナスポイントとして語られることが多いようだ。

そのため、他社のサービスに比べるとイマイチ感が出てしまっているのが正直なところである。

また、開通工事に遅れが出ているとの報告も多く、このあたりは「ドコモ光」と同じような状態だ。

1つ良い点を挙げるならば、集合住宅の場合の基本料金が比較的安いところ。これなら「スマート値引き」無しでもなかなかお得だ。しかし「スマート値引き」無しであえてSoftBankを選ぶ必要があるかどうかは微妙なところではあるが…。

おすすめ度:★★★

↑ページの先頭へ

「HIKACO」ホーム