光コラボレーション(光コラボ)事業者の比較サイト。料金やおすすめポイントの評価、人気サービスの評判などを掲載。

複雑な契約プランとはお別れしよう。

これからの主流は、光コラボレーション!

So-net 光コラボレーション

So-net 光コラボレーションのスクリーンショット

転用して長期利用がお得。ソニーグループのサービス!

ソニーの子会社、ソネット株式会社による光コラボレーションモデルのインターネットサービス。こちらも他のプロバイダと並ぶ有名どころ。継続利用を条件とした割引のほか、転用の場合のみだが契約年数が長くなるごとに段階的に料金が安くなっていくキャンペーンがお得なので、長期的の利用には最適だ。auスマホ等と一緒に利用することで割引となる制度も特徴。

So-net 光コラボレーションの月額料金

月額割引キャンペーン実施中! 新規入会なら工事費相当額(24,000円)キャッシュバックも!(2016年3月31日まで)

一戸建てで、新規の場合

クリックで詳細を開きます

  • So-net 長割 for 光コラボレーション -500円
  • 月額割引キャンペーン 30ヶ月間 -600円

一戸建てで、転用の場合

クリックで詳細を開きます

  • So-net 長割 for 光コラボレーション -500円
  • 月額基本料金割引キャンペーン
    • 1年目 -100円
    • 2年目 -200円
    • 3年目 -300円
    • 4年目 -400円
    • 5年目 -500円
  • 割引継続キャンペーン
    • 6年目以降 -500円

集合住宅で、新規の場合

クリックで詳細を開きます

  • So-net 長割 for 光コラボレーション -500円
  • 月額基本料金割引キャンペーン 30ヶ月間 -600円

集合住宅で、転用の場合

クリックで詳細を開きます

  • 月額基本料金 4,600円
  • So-net 長割 for 光コラボレーション -500円
  • 月額基本料金割引キャンペーン
    • 1年目 -100円
    • 2年目 -150円
    • 3年目 -200円
    • 4年目 -250円
    • 5年目 -300円
  • 割引継続キャンペーン
    • 6年目以降 -300円

その他の料金

事務手数料

工事費

※工事内容により異なります。詳細は公式サイトで確認してください。

So-net 光コラボレーションのおすすめポイント

So-net 光コラボレーションの気をつけたいポイント

So-net 光コラボレーションの特徴、他社との比較

継続利用を条件とした割引!

So-net 光コラボレーションの月額料金は、標準でもそこそこ安く、そして割引もなかなか充実している。バランスの良い設定となっている。

継続利用を条件とした割引が「So-net 長割 for 光コラボレーション」で、これを適用することで、標準の月額基本料金から500円が割引される。新規契約の方と転用する方のどちらでも適用が可能だ。

コース利用開始した月の翌月を1ヶ月目として、30ヶ月(2年半)の継続利用が条件となっている。30ヶ月目が更新月であり、その月で解約する場合のみ解約金無しとなる。それ以外の月で解約する場合は解約金がかかる。解約しなければ契約は自動更新となる。

ここで注意したいのが30ヶ月という期間。他社では24ヶ月(2年)が一般的なので、それに比べると長くなっている。また、やや半端な期間であることが原因で、更新月が1回目、2回目…で変わってしまうややこしさもある。

例を挙げてみよう。1月に利用開始した場合、1回目の更新月は2年後の8月だ。そして2回目の更新月はそこから3年後の2月。3回目はさらに2年後の8月…、といった感じだ。毎回同じ月にはならず、かわりばんこに変わる。

うっかりしていると更新月であることを忘れて、解約金がかからない月を過ぎてしまう恐れがあるので、もし解約の予定がある場合は気をつけよう。

だんだん安くなる割引キャンペーンも!

現在は、契約期間が長くなるほど月額料金が安くなる「月額基本料金割引キャンペーン」が開催中だ。1年目は1ヶ月あたり100円の割引からスタートし、2年目〜5年目の間は一戸建ての場合は1年に100円ずつ、集合住宅の場合は1年に50円ずつ割引額が大きくなっていく。そして6年目以降は5年目と同じ月額料金で利用できる。

光インターネット回線は一度開通したら、多くの場合は長く使うことになるだろう。このように長期利用がお得なキャンペーンはありがたいものである。

ただこれは転用の場合のみで、新規の場合は対象外なのが残念。

auスマホとの組み合わせでさらにお得!

auのスマホをご利用の方にはうれしい割引がある。それが「So-net 光コラボレーション×auセット割」だ。

auのスマホ(タブレット、フィーチャーフォンも可)を一緒に使う方を対象として、月額料金が割引される。割引額はauの方の契約プランにもよるが500円〜1,200円とかなりの大きさ

光やスマホの通信費は、最近は安くなってきたとはいえ、まだまだけっこうかかるもの。この割引を活用すれば大きな節約につながることだろう。申し込みはSo-net 光 コラボレーションの開通後にSo-netのマイページから行える。

このほか、So-netの格安スマホである「So-net スマホセット2480」とのセット利用でも割引が受けられる仕組みもあり、こちらもお得だ。

光ならではのオプションに、セキュリティソフトのオプションも!

従来の電話回線の代わりにインターネット回線を用いた電話サービス「ひかり電話」や、光回線でテレビ放送を受信できる「フレッツ・テレビ」といったオプションサービスも利用可能なので、合わせて契約するのも良いだろう。

評価の高いセキュリティソフト「カスペルスキー マルチプラットフォーム セキュリティ」が最大3ヶ月無料で使えることもポイント。「マルチプラットフォーム」の名の通り、WindowsやMac、Androidの3つのOSのどれでも動作する。最大5台までのデバイスにインストール可能なので、手持ちのデバイスで一通り試してみるのが良いだろう。

無料期間が終了した後は月額500円の利用料がかかる。1年あたり6,000円になる計算だ。ただ「カスペルスキー マルチプラットフォーム セキュリティ」はカスペルスキーの公式サイトから単体で購入すれば3年ライセンスで10,000円前後で買えるので、長く使うのであればSo-netで利用するよりも別に購入した方がお得。

So-net 光コラボレーションの評判・評価

継続利用を条件とした「So-net 長割 for 光コラボレーション」は基本的には適用しておきたいが、契約期間の長さがややネック。光通信サービスは長く利用するものであるとは言え、将来的に違うものに変更したくなったときでもそう簡単には変更できなくなるわけであるから、長めの契約を求められるのはやはりデメリットと言える。

一方で現在行われている「月額基本料金割り引きキャンペーン」はなかなか魅力。数多くあるプロバイダの中からこのSo-netを選ぶとすれば、このあたりがポイントとなるのでは無いだろうか。

親会社であるソニー自体が経営不振が続いていると報じられているのは少々気になるところ。So-netにも何かしら影響を及ぼしている可能性はある。かつてのようにまた輝いて欲しいものである。

おすすめ度:★★★★

↑ページの先頭へ

「HIKACO」ホーム